【バリ島編】行くぜ!インドネシア一人旅!!

2017年8月19日から29日の10日間インドネシアに一人旅行ってきました!

率直な感想…

めっちゃめちゃ楽しかった!!!!

でも、楽あれば苦もあるのが現実。

あったこと、ぜーんぶ書きましょう。

じゃあ、バリ編スタート!!!

 

  1. バリ島編

1日目

エアアジアでクタについた。

初めてSIMを買った。絶対ぼられたのはわかるけど、そんなのどうでもいいくらい疲れてた。w

『まあ、いいや』とか得意の感じ。

値段は覚えてないけどまあ安かった。

一つ言えることは、

絶対に通話機能を付けるべき!!!

というのも、GrabやUberのバイクタクシーのアプリ(詳細は別の記事で!)を使うから!

そんな感じでH-ostelという1000円の安宿までタクシーでいった。

「バリってどんな感じかなー」「どんな街並みなのかなー」とか思いながら、クタの中心部のホテルへ。

晩飯探しに外をぶらぶら…

なんじゃこりゃ!!!!

クタの中心地は、もう『THE 観光地!!!』って感じ。

右見ても左見ても白人、白人、白人!!!

何なら、白人がバイクを乗り回しまくってたww

『ありゃーこりゃ間違えたかー?』とか思いながらレストランへ。

クタのホテル街のレストランは、まあ高いこと高いこと。

日本でご飯食べるぐらい高かった。でも、疲れてることを言い訳にそこで決定。

クタは、サーファーブランドやラルフローレン、マックなど日本でも見れるお店ばっかりだったな~

1日目はすぐに爆睡。

相変わらずどこかで見たことあるような景色…

2日目

朝5時半過ぎに起きて、プラマ社のバスでウブドまで(Rp.60,000)1時間半ほどかけていった。朝は交通量少な目でまあスイスイだった。

ウブド到着。

さあ、今日はどこ行こうかなーと考えてたらバスターミナルの隣のツアー会社の人に話しかけられた。

その人の会社は日本人が社長らしく日本語(少し)、英語が話せるとのことで何かの縁かなとか思いながら、行くことに。

ゴアガジャとか有名どころをすべて回れるようだったので「いいや~」って思ってお願いした。値段はRp.500000と少し高めだったけど。

行ってみたら、

すげえ!すげえ!すげえ!!!

本当にすべてが最高。存在感、景色、歴史。「さすが一流のリゾート地だな~」とか思ったり。

ゴア・ガジャ、ティルタ・ウンプル寺院、グヌン・カヌイ、テガガラン、トゥグヌンガンの滝など。

タクシードライバーも言っていたが、インドネシア全土でイスラム教が80%以上の人々が信仰しているといわれている。しかし、バリ島では、バリ・ヒンドゥー(インド仏教とヒンドゥー教の習合)が90%以上の人が信仰している。

インドネシアは、とても不思議な国だと思った。

ティルタ・ウンプル寺院では有名な観光地であるとともに、地元の人が沐浴する様子も見れた。

グヌン・カヌイでは巨人が爪で一晩で掘った伝説がある。本当に巨人が掘ったかのような存在感でとても感動した。

3日目

この日は、ウブドの中心地モンキーフォレストストリートを中心に「地球の歩き方」に載っている散歩コースを午前中で網羅した。

『日本でもこんなに歩いたことないよ』ってぐらいめちゃめちゃ歩いた。

2時間コースを2つと1,5時間コースを1つ。

かなり疲れたけど、田舎の景色やライスフィールドを飽きるぐらい見た。

町の中心から20分ほど歩けばもう長閑な景色が広がっていた。

散歩していて、とても和やかな気持ちになった。

たまには、散歩もありかなとか思いながらテクテクと。

モンキーフォレストでは多くのサルを見られる。サルはバリ・ヒンドゥーでとても神聖な生き物とされている。

夕方に「飯、どこ行くかあ」って思ってたら、タクシードライバーが『今は日本は夏ですか、冬ですか。』って話しかけてきた。

話していると、『今日、月曜日だからすごいケチャ・ダンス見れるよ!』って言われ、ちょうど見ようとおもっていたから『その辺で見るからいいよー』と自分。

『いやマジでスゴイから!!』みたいなことを言われ、同じ値段だすならこの人を信じてみようと思ってついていった。

そしたら、

すげえ!すげえ!マジですげえ!!!(2回目)

『ラーマ・ヤナ』の物語をもとにしたダンスやトランス状態に陥った男性が火を踏み消すというダンス(?)を見た。それは本当に感動した。迫力も何もかもが最高だった!!!

あれはもう忘れられないな。

人を信じることは、すごく大切だなあ。

ガイドさんと話すといろいろな情報が舞い込んでくるからやっぱり楽しいな~

4日目

この日は朝一クタに戻った。理由は、クタビーチ!!!

日本にはない大きな波、サーファーの聖地。

「見とかなきゃ損!?」とか思いながら見に行った。

まあ、きれい。でも、人がすごい多い。

日本人のソウマとマコトに出会った。日焼けに疲れて、ローカル飯探し!

30分ほど歩き、もう英語すら通じない食堂を発見。(お昼ごはん)

お腹やられそうなものしか置いてなかったwww

でも味はおいしいし、お父さんは超面白いし(言葉は通じてない)もう最高!!!

かなり珍しかったのか写真撮られたくらいだった。www

そのあと、マコトはお腹をこわしました。

夕ごはんは、屋台でマルタバを食べた。日本で言うとお好み焼き?みたいな感じで激うま!!!

これも150円ぐらい!!!

バリはローカルフード探すのも一苦労。

ホテルのロビーでマルタバ食べてたら、ジャワ島(ジャカルタ)から旅行で来ているインドネシア人と仲良くなった。

彼は、全然話せない英語を理解しようとしてくれた。

インドネシアは、とても親日国で過ごしやすかった。

写真はfacebook/instagramにたくさん上がってます!!!みてみてください~

 

【バリ島の感想】

バリ島は本当に観光地という感じだった。もちろんメインストリートは観光客価格。だから、ローカルフードはなかなか見つからなかった。意地でも食費を安くするために、探しまくったけどね(笑)

リゾート地でもジャワ島とはまったく異なる宗教を持っている。それはそれで面白かった。

 

次は、ジャワ島編!!!!!

 

講演のご依頼はこちらから

受講生の声

鳥光宏公式facebookページはこちら

鳥光宏の熱血塾

鳥光宏の著書